読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屍の上に立つ

写真とかカメラとか英語とかいろいろ

写真とかカメラとかいろいろ

【mkdir?】E-DIC第2版をCSVに変換する。【前置き編】

今更ながら、P-Study System(以下、PSS)という英単語学習ソフトを知って、すげーーーってなってる。

www.takke.jp

 

 

似たようなソフトでAnkiとかあるけど先にPSSの使い方を覚えたからAnkiは使ってない。

 

で、英辞郎とか学辞郎とか買ってSVLとかSILとかの問題集作ってやる。

 

これを知ったのは英語上達完全マップを10ヶ月やってみたというサイト。

サイト主に感謝。

 

 

そしてこのまえ、どこかのサイトで、「SVL、SIL、英単語の部屋、動詞を使いこなすための英和活用辞典、英和イディオム完全対訳辞典を覚えれば、分からない表現はほぼなくなる。」と書いてあるのを見つけた。

 

 

動詞を使いこなすための英和活用辞典
ジャン・マケーレブ マケーレブ・恒子
朝日出版社
売り上げランキング: 327,317

 

英和イディオム完全対訳辞典

朝日出版社
売り上げランキング: 121,691

 

んで、SVLとSILは今やってるけど他はどうすりゃいいんだってことで調べると、この2つの辞書両方がデータとして入っていて、なおかつそれをCSV形式に出力できる(=PSSやAnkiで使える)ことがわかった。いや、わかったとか言ってるけど全部人様のサイトに載っているんだが。

 

Gapsseで英辞郎が使えず苦戦しつつも、英単語の部屋の単語に日本語の訳語つけてPSSにぶちこんだ話はまた今度します。

 

前置きが長くなったが、今回はE-DIC第2版をCSV形式に出力する話。

 

E-DIC第2版からCSVに変換してAnkiでボキャビルする - ruby-U's blog

Qoosky - 7000語程度から始める人向けの英語ボキャビル

 

参考にさせていただいたサイトはこの2つ。

お二方に感謝申し上げます。

 

 

2つの記事を見ればわかると思いますが、これらの記事だけでできそうじゃん、と思うかもしれない。

しかし、どうもパソコンの知識がいるっぽい。

そこで上の記事で言っていることをなんとなく解読してみた、というのが今回の記事。

 

って思ったけど、

もうなげぇよおれのこの記事。

 

てことでつづく、、、

 

関連

shikabane.hatenablog.com