屍の上に立つ

写真とかカメラとか英語とかいろいろ

写真とかカメラとかいろいろ

おすすめのネガフィルム4選

いままでフィルムカメラのおすすめを書いてきたが、今回はフィルムのおすすめを紹介したい。

 

目次

フィルムの種類について

         フィルムのフォーマット

         フィルムの感度

         ポジ・ネガ

おすすめのフィルム

 

 

フィルムのフォーマット

平たく言えばフィルムの大きさのこと。

35mmフィルムカメラ持ってる人は35mmフィルムを買う。

中判フィルムカメラを持ってる人は120フィルム or 220フィルムを買う。ブローニーフィルムとも言ったりする。

 

他にも大判フィルムとかあるけど、アマチュアの人が使うのは35mmか中判だろう。

 

35mmフィルムを使うカメラ

Canon EOS-1N、Nikon F1、Natura Classicaなどの35mmフィルムカメラ

写ルンです。も35mm。

 

中判フィルムを使うカメラ

Hasselblad、RolleiflexPentax 67などの中判フィルムカメラ

(中判カメラはカメラによって写真の縦横比が違うけど、使うのは同じ中判フィルム。)

 

フィルムの大きさ違ったらなにが変わるんだと思うかもしれないが、いろいろ変わる。

いろいろありすぎてここでは割愛。

 

 

フィルムの感度

たいていフィルム名の最後に書いてある数字がそのフィルムの感度を表している。Portra 160だったら感度は160。感度が高いほど暗い場所でも速いシャッタースピードを保ったまま撮れるが、少しザラッとした写りになる。

 

デジカメだとISO(感度)をカメラでいじれるけど、フィルムはフィルムごとに決まった感度がある。

つまり一回フィルムいれたら撮り終わるまでそのフィルムの感度で写真を取らなければならない。当たり前だけど。。。

カメラにISO100のフィルムいれてて、屋内で写真撮りたくなった時にISO足りなくて困る、みたいなのがデジカメと違うところ。

 

 

ポジ・ネガ

ポジフィルムは鮮やかな発色でとてもきれいなのだけど、ダイナミックレンジが狭く、ちょっと露出をオーバーしただけで白く飛んでしまったりする。

一方ネガフィルムはダイナミックレンジが広いため、かなり露出オーバー目に撮ってもハイライト部分が飛びにくい。そのため、ポジと比較すると露出面では失敗しにくい。

 

また個人的にはポジの鮮やかな発色よりも、ネガフィルムの褪せたようなTHE フィルムみたいな色合いが好みっていう人は多いのではないかと思う。

 

おすすめのフィルム

フィルムは完全に写りの好みによるからおすすめもなにもないけど、Flickrとか見てて人気っぽいやつとか、私が好きなものを紹介したい。

と言っても、ボキャ貧なので写真を見て判断してください、、、、

 

 

1, Kodak Portra 400

Untitled

 

null

 

PortraシリーズはISOが160とか400とか800とかあるけど、400が一番使われているような気がする。

露出オーバー気味で撮ると、いい感じにふんわりした色になる。

人撮るときにいいかも。

 

 

2, FUJI PRO400H

Poodle skirt


[暖] 當陽光再次照進我的房間 那是種久違的喜悅


青緑がかったような色合いになるのが特徴かな。

 これも明るめで撮るといい感じ。

 

 

 

 

3, Kodak Ektar100

67480037  

F1010036

ポートラやPRO400Hと比べて色が濃くでる。

 空とかすごく青くなるイメージ。

 

 

 

4, NATURA1600

窓際ボーイズ

Untitled

ISOが1600なのが特徴。暗いとこでもシャッタースピード稼げる。

写りは柔らかい?雰囲気。

 

 

 

おわり

各フィルムの味が出てる写りしてる写真を添えてみた。

もっと見たければFlickrやらInstagramでフィルム名で検索するといっぱいでてくる。

 あとは撮って自分の目で確かめるしかない。